生活

家賃の相場が知りたい!初任給で住むべき家賃相場とは?

東京に就職することが決まったら、都会で憧れの一人暮らしができるので、わくわくしますね。

でもその前に部屋を借りなくてはなりません。

東京は家賃が高いので、ワンルームや1K、1DKぐらいでも、6万円以上はします。

できれば、自分の希望通りで、しかも初任給でも何とか払えるぐらいの部屋を捜したいものです。

ここでは、一人暮らしの人の家賃の目安と一人暮らしの女性が住むのに適している安全な家探しを考えてみましょう。

家賃の目安は年収のどの位?
収入に合わせた無理のない住まい探しをしよう


家賃は年収の3割が目安です。
年収が300万円で月給が20万円だとすると、家賃は7万円ぐらいに抑える必要があります。
それ以上高い部屋を借りると、毎月の出費が赤字になりかねません。

月給が18万円ぐらいだと、家賃は6万円ぐらいが限度です。
でも東京の都心では家賃が6万円の部屋を捜すのはかなり難しいです。

職場から家賃補助が出ることもあるので、その点については、会社へ問い合わせるのがいいですね。

職場によっては、上限はあるものの、家賃の半分まで、あるいは3万円までは補助するといった取り決めがある場合があります。

この制度を利用すれば、ある程度の家賃の部屋を探す範囲が広げられます。

でもやっぱり新しいマンションに住みたい人は、郊外に良い条件のマンションを探すもの一つの手です。

郊外ならば、都心よりも家賃が安いからです。
社会人ならば通勤手当は出るので通勤費は心配ありませんよ。

家賃の目安と優先項目!女性の一人暮らしは安全も考慮した住まい探しを

家賃の目安が決まったら、それに合った部屋探しですね。

女性の場合は、安全性も加味する必要があります。

1.アパートの周りは繁華街に近くない
2.駅から暗い道を長時間歩く必要がない
3.部屋は2階以上で、庭から誰かが入り込むことがない
4.できれば管理人さんがいるかオートロックになっている
5.外部の人が簡単には入り込めない

そのような物件を探しましょう。

駅に近くて部屋が新しくて広い物件は家賃が高くなります。
インターネットで探すのは効率的です。

家探しのサイトに、住みたい場所、部屋の広さ、築年数、希望する家賃の額などを入力すれば、たちまち、いくつかの物件の候補が見つかります。

もし物件があまり見つからなければ、条件を緩和してみてください。

例えば、多少築年数が古くても良いとか、地域を広げて探す・・・など、条件を少しずつ変える必要があります。

インターネットで物件が絞り込めたら、不動産屋さんに連絡して、実際に見せてもらいましょう。

できれば、日中に見て、日当たりや風通し、近所に騒音がないか、住んでいる人に問題はないか、良く確かめましょう

実際に住んでいる人に様子を聞けると一番いいですね。

もし家賃が心配ならば、繁忙期以外ならば、相談に乗ってくれることもあります。

家賃の値下げを一応お願いしてみるものいいですね。

何か月も借り手がいなかった場合には値下げに応じてくれることもあるのです。

逆に、

「今すぐ決めないと、もう次の人が待っています」

というように契約を急がせる場合は要注意です。

特にいくつか候補があるときは、慌てずに、「明日までに家族と相談して返事をしますから。」のように、ワンクッション置くのが賢明です。

先に見ている人にまずは権利がありますから、1日ぐらいは待ってくれるはずです。

部屋の契約には敷金、礼金、仲介料、初めの月の家賃などを支払う必要があります。

だいたい、家賃の5か月分ぐらいの額になります。
もし、部屋が気に入らなかったとしても、簡単に借り換えすることは難しいので、ぜひ慎重に選びたいですね。

まとめ

いかがでしたか?
女性が東京で部屋探しをする場合は、家賃は年収の3割ぐらいを目安に探しましょう。

東京の家賃は一般に高いので、家賃補助や通勤手当てもフルに活用して、なるべく自分の希望に合った物件を探しましょう。

周りの環境の良い所でオートロックなどの安全性が高いことも重要です。

慎重に選んで、快適なお部屋で生活してくださいね。

この記事があなたの役に立てば嬉しいです^^