育児

雛人形は飾る場所が大事!?玄関は大丈夫?

女の子の健やかな成長を祈るイベントひな祭り
今では3月3日の桃の節句になるとひな人形を飾って、ちらし寿司を食べるのが定番となっています。

そんなひな人形ですが家が狭いと、置き場に困って、玄関用のひな人形玄関に置く家庭が増えてきましたが、実は玄関に置くと運気が逃げていくと言われています。

理想はやっぱり家族団らんの場でもあるリビングに置くといいとされています。

今回はひな人形の名前や、知っているようで知らない手入れの仕方について紹介していきます。

雛人形の着物に注目!各人形の名前をご紹介!

ひな人形の中でも最も多いのが十五人飾りと呼ばれる形式です。

人形それぞれに名前がありますが、一番スタンダードなお内裏様とお雛様はみなさんご存じですよね?

しかしその下からわからないという方も多いのでは?

そこで今一度どんな名前なのか復習しましょう。
参考URL https://www.fujimusume.jp/hina_jyugoninkazari.html

まずは1段目のお内裏様とお雛様
これは親王と呼ばれ、いわゆる天皇陛下と皇后陛下を表しています。

夫婦の理想像である天皇陛下と皇后陛下のように、良縁に巡り会えますようにと祈りが込められているそうです。

2段目は三人官女と呼ばれ、天皇陛下や皇后陛下の普段のお世話をする女の人です。

平安時代では天皇陛下や皇后陛下のお世話をする人は必ず女性でないといけなかったそうです。

3段目は五人囃子(ごにんばやし)と呼ばれる5名で、ひな人形によっては男性だったり女性だったりします。

大鼓、小鼓、横笛、謡と、能楽を演奏する楽団を表しています。

これは天皇陛下やお客様などを楽しませるために結成された音楽隊みたいなものです。

4段目の左側にいるのは随身 右大臣(ずいじん うだいじん)で宮廷を護衛する武官、今でいうと天皇陛下を守るためのSPです。

右側にいる老人の方が随身 左大臣(ずいじん さだいじん)で、右大臣と同じ役割ですが左大臣の方が少しえらいそうです。

5段目にいるのが仕丁(しちょう)、もしくは衛士(えじ)と呼ばれる係で、天皇陛下が外出される際にいろいろな雑務を行う係です。

こうしてみると女性の人形は鮮やかな赤色の着物を着ていますね。

昔から赤色の着物は人気だったというのがわかります。
男性の場合は係によって変わりますが、大体白色の着物を着ていますね。

飛鳥時代聖徳太子が定めた冠位十二階の制度がありましたよね。

その時代では紫色が一番偉いとされていましたが、ひな人形では偉い人ほど白色が多いような気がします。

この時代では白色の服を着た方が偉かったのではないかと思います。

今年もありがとうの雛人形。着物にカビができない保管方法をご紹介!

桃の節句が終わればひな人形を片付けなければいけません。

昔から「ひな人形を早く片付けないとお嫁にいけない」と言われていますが、実際はなかなか忙しくて片付ける暇がありません。

いざ片付けるとなると、片付け方や保管の仕方がわからないという方も多いかと思います。

ではどのように片付けていけばいいでしょうか。
今回は片付けのコツについて紹介します。

参考URL https://www.ando-doll.com/hina/glossary/put-away.html

用意するもの
1.布手ぶくろ
2.羽根バタキ
3.細筆
4.人形用防虫剤
5.人形を包む布・やわらかい紙

柔らかい布なんかは、ひな人形を買ったときについてくるかと思います。

もし残してないなら専門店で買うといいですね。

片付けるのに気を付けたいことは天気が良く空気が乾いた日に片付けることです。

カビの発生を防ぎひな人形の状態を守ることができます。

時期的に考えたら遅くとも4月中旬までには片付けたいですね。

またひな人形を片付ける際に防腐剤を使用しますが、人形の持ち物・台・お道具セット・ぼんぼり・桜・橘などの樹脂製のものは防腐剤に含まれているナフタリンが溶け、虫食いなどが出ることがあるので少なめに入れてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?
ひな祭りを彩るひな人形についていろいろと知ることができたかと思います。

これからひな人形を買う方もいらっしゃるかと思いますが、なるべく早めに購入したほうがいいですね。

この記事があなたの役に立てばうれしいです^^