旅行

冬の北海道への家族旅行は雪対応ブーツが必要不可欠!おしゃれなブーツが増えている!?

冬の北海道は、雪の降らない地域の方にとって、憧れですよね。

でも、雪対応ブーツがないと悲惨なことになりかねません。

だけど、旅行のためだけに購入するのも、何となくお財布が気になっちゃいます。

そんな方のために今回は、旅行だけでなく普段にも使えるおしゃれな雪対応ブーツをご紹介します。

合わせて、小学校入学前のお子さんのブーツもお伝えします。

寒冷地在住の主婦目線で、コスパバッチリでおしゃれなアイテムですよ。

ママも安全第一!雪対応ブーツを使ったおしゃれなレディースコーデ

冬の北海道で大切なことは、防滑性と防水性。

これは雪対応ブーツに限ったことではありません。

寒いから防寒第一じゃないの?
違うんです。
寒さ対策は、着る服やカイロでもできるんです。

雪対応ブーツにしかできないことは、雪道で滑らないことです。

例えて言うと、車の冬用タイヤです。
車内の防寒は、関係ありませんよね。

つまり雪道で滑らない、転ばないためには、アイスバーン以上のミラーバーンと呼ばれる、ツルッツルの路面をギュッととらえる機能が必要なんです。

でも、北海道旅行のためだけに雪対応ブーツを購入するのは、ちょっと…

で、おすすめしたいのが、ミドル丈の雪対応ブーツです。

ミドル丈の特徴は、機能性とデザイン性、価格のすべてのバランスが優れていることです。

極寒の地でも、雪のない街中でも履けてコスパバッチリです。

人気のブランドは、ソレル(SOREL)ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)です。

【1.ソレル(SOREL)】

ソレルはカナダのブランドで、ファッション性が高く、それでいて機能性も抜群です。

北海道旅行では、裏ボアや裏フリースなど防寒対策のしっかりしたパンツにスタジアムコートがおすすめです。

街中でもスキニーパンツとジャケットにピッタリのアイテムです。

膝上丈のスカートやワンピース、ロングカーディガンやチュニックなど何にでも合わせられます。

【2.ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)】

ザ・ノース・フェイスはアメリカのアウトドアブランドです。

とても軽くてダウンジャケットを履いている感覚です。

メンズや子供用も展開していますので、家族全員でお揃いコーデもできます。

お値段が気になる方にはこちら。

【3.エレッセ(Ellesse)】

エレッセはイタリアのスポーツブランドです。

動きやすくて保温性が高く、無駄のないデザインが人気です。

軽量なので疲れにくいのも、嬉しいですよね。

【4.キンバーテックス(KIMBERTEX)】

キンバーテックスはイタリアのシューズメーカーです。

保温性と速乾性に優れた素材です。
短い丈の商品が多いのですが、ミドル丈もあります。
いかにも防寒といった雰囲気がないので、旅行以外にも使える点がおすすめです。

大切なことは、くるぶし丈より長めのサイズを選ぶこと。

足首は血管が集中しているので、冷やさないようにしてください。

これだけでも全然違いますよ。

そして、できればパンツの裾を靴の中に入れてください。

パンツの裾を中に入れる理由は、雪でパンツが濡れないようにするためです。

これは防寒と防水のためには欠かせないコツです。

走り回る子供も雪で滑らない!?かわいい安全な子供用のブーツがある!?

子供は雪遊びが大好きですが、小学校入学前くらいになると、オシャレにもうるさくなってきます。

でも、案外サイズがないのもこの年代なんです。

そこでおすすめは、ソレル(SOREL)です。

やっぱりといえば、やっぱりですが、それだけ優れものなんです。

子供におすすめポイントは、自分で着脱ができることと、軽いことです。

履きやすいように大きく口が開くと、雪が入ってきます。

そこで、履いた後ベルトで締めると足元も安定しますし、脱げません。

また、防滑性に優れたものは、靴底が厚くなって、慣れないと歩きづらいものです。

でもソレルでは、ベルトで締めることでサポート力をアップしています。

何より、雪道は滑りやすく慣れないので、歩くのも疲れてしまいます。

そこで雪対応ブーツは軽さが選ぶポイントになってくるんです。

【1.ソレル(SOREL):チルドレンスノーコマンダー】

先ほどご紹介したポイントの他に、カラーバリエーションが豊富なこともおすすめのポイントです。

ローズ、ブルー、レッドの3色があります。

もう1つのおすすめは、エアウォーク(AIRWALK)です。

【2.エアウォーク(AIRWALK):子供用スノーブーツ】

ソレルよりもお値段が手軽です。
そして、サイズがSS、S、M、L、2Lとざっくりとした区分けになっています。

ちなみにSSは15センチから16センチ用です。

ベルトで締めるのではなく、履き口の部分をしぼるだけです。

慣れない締め付け感を嫌がる子供さんには、レインブーツのように履けるので安心です。

もちろん防水がしっかりしていて、とても軽量です。

デニム風の柄もありますので、コーデしやすいのもうれしい点です。

まとめ

今回は冬の北海道旅行におすすめの雪対応ブーツをご紹介しました。

雪対応ブーツは、防滑性と防水性を重視して選んでください。

そして、試着するときは、実際に履く時の靴下を着用してください。

「厚めの靴下を履いたら、サイズが合わなかった…」
なんてことのないようにしましょう。
試着できない時は、普段のサイズより1センチ大きいサイズがおすすめです。

それから、できれば、ホテルでシューズドライヤーのレンタルもできるか、確認しておきましょう。

雪遊びに夢中になって、ブーツの中に雪が入ってしまうこともあります。

特にお子さん連れの旅行では、注意してくださいね。

最後に、寒い地方でのファッションの基本は、両手をあけておくことです。

帽子やフードで降雪対策、荷物はリュックかショルダーバッグです。

手袋も忘れないでください。
もう少し寒さ対策をしたい時は、イヤーマフが便利です。

雪対応ブーツだけで心配な時は靴用の滑り止めのベルトもあります。

これだけでは、普通タイヤにチェーンを装着するのと同じになってしまうので、あくまでも雪対応ブーツにプラスで使用してください。

気をつけて、いってらっしゃい。
目一杯、旅行を楽しんでくださいね。

この記事があなたの役に立てば嬉しいです^^

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です