生活

知っておきたい!灯油ストーブの電気代はいくら?エアコンとどっちがお得?

暖房の電気代ってバカになりません。

例えば、灯油ストーブの電気代は1日8時間使用して平均100Wの火力です。

一方エアコンは、平均1000Wくらいです。

単純に計算すると灯油ストーブは、エアコンの10分の1の電気代です。

でも、灯油ストーブには灯油代が必要です。

電気が必要な灯油ストーブは石油ファンヒーター。

1日に灯油を平均1.5リットル使用するとされ、電気代と合計すると、結局エアコンの8割くらいの燃料代になります。

そこで、お部屋全体より、ピンポイントで暖める小型の灯油ストーブがおすすめです。

こだわりのお部屋にピッタリな、おしゃれなタイプをご紹介しますね。

灯油ストーブにこんなおしゃれで小型のストーブが!?

自然災害が多発して、その度に停電が発生するので、電気を使用しない灯油ストーブが人気です。

その上、ストーブの上でお湯を沸かしたり、煮込み調理もできます。

何より、火が見えるので暖かさとホッとする安心感を演出します。

火の周りって自然に人が集まって輪ができますよね。

それではおしゃれな小型ストーブをご紹介します。

【1.トヨトミ:対流型石油ストーブ:″Classic″CL250(A)】

約50センチの高さで、マンションでも木造戸建てでも約8畳用です。

耐震自動消火装置付ですので、地震の際にも安心です。

この小型ストーブのコンセプトは「心まで、あたたかくなる炎」です。

懐かしい時間を思い起こさせる、クラシックスタイルの系譜は、トヨトミの自信作です。

いつまでも「眺めていたくなるストーブ」を囲んで、過ごすひととき。

あなたもくつろぎの時間を家族や友人と過ごしませんか?

【2.ケロシンヒーター アウトドアキャンプヒーター HD1026】

ケロシンヒーターとなっていますが、燃料は灯油を使用します。

色は白と赤の2色あり、サイズも4.5リットルと6リットルの2種類あります。

アウトドアキャンプ用ですが、もちろん室内でも使用できます

また、高さ46センチ×幅33センチですので、置き場所を選びません。

そして最大の特徴は、点火してからすぐに暖かくなることで、12畳のスペースに使用可能です。

点火に乾電池も必要なく、加熱効率が高いので、とても省エネ設計になっています。

災害時にも活躍する、頼りになる小型ストーブです。

【3.ダイニチ:石油ファンヒーター Sタイプ ライトシルバーFW-2517S-S】

やっぱりファンヒーターという方におすすめなのが、このサイズです。

3.5リットルの灯油タンクで、40秒で着火します。
不完全燃焼防止装置の他、消し忘れ消火装置や停電安全装置など、至れり尽くせりのフル装備です。

カラーはライトシルバーとシャインローズの2色があります。

そして、石油ファンヒーターならではのタイマーが、親切設計です。

また、このサイズでは、ちょっとパワー不足と思われる方には、12畳までと15畳までのバリエーションがあります。

お部屋のサイズやつくり、用途に合わせて選んでくださいね。

見た目もおしゃれな灯油ストーブのおすすめをご紹介!

せっかく灯油ストーブを購入するなら、見た目はもちろん、思わず見とれてしまうようなものはいかがですか?

こちらでご紹介する灯油ストーブは、炎の色がとても神秘的なものを揃えました。

【1.アラジン:ブルーフレームヒーターホワイト BF3911-W】

最初の発売から80年以上経っても、愛され続けるブルーフレームヒーターの最大の特徴は「青い炎」です。

青い炎は完全燃焼の証ですが、対流式ゆえに、暖めた空気が部屋全体を包み込みます

灯油ストーブにありがちな点火や消火の際の、嫌なニオイも発生しません。

まさに「癒しの空間」を作り出します。

色はホワイトとグリーン、ブラックの3色があります。

灯油はカートリッジ式ではないので、灯油タンクを持ち込んで給油を行うタイプです。

高さ55センチと少し背が高いのですが、8畳から10畳の部屋を効率よく暖めます。

【2.snow peak:レインボーストーブブラック KH-003BK】

アウトドアキャンプ用品の専門店、snow peak(スノーピーク)の灯油ストーブです。

KH-001BKが一般的な商品ですが、今回ご紹介するのは、2019年限定バージョンです。

スノーピークの名前の由来になった「谷川岳の等高線」がグローブに描かれています。

そして、レインボーストーブの名前の由来は、炎が七色に燃え上がることです。

タンクが約5リットルの対流式で、高さは48センチと小型です。

アウトドアはもちろん、シェルター内での使用も想定されています。

ご自宅でも揺らめく七色の炎で癒されませんか?

まとめ

今回は、小型の灯油ストーブをご紹介しました。

災害などで見直された灯油ストーブは、エアコンにはない「炎が見える」ことも人気の秘密です。

人類は炎によって、多くの進化を遂げただけでなく、癒しの効果も手にしました。

寒い時に、心も体も暖まる。
そんなひと時をおしゃれな灯油ストーブで、大切なあの人と共に過ごしませんか。

この記事があなたの役に立てば嬉しいです^^