生活

消費税増税!実は増税対象外の商品があるんです!?

2019年10月に消費税が8%から10%に上がりましたね。

近年、消費税が上がっていますが、実は増税していない軽減税率の対象となる商品もいくつかあります。

まず思い浮かべるのが、食品などの酒類を除く飲食料品やテイクアウトの食品

これらは普段から必要とするものでもあるので、増税対象にはなりませんでした。

しかし、レストランやスーパーなどの店内で飲食する場合は軽減税率の対象とはならず、10%の課税になります。

また、定期購読契約している新聞も軽減税率の対象となっています。

しかし軽減税率の中でも、特に食品関係については導入してからもうすぐ半年になる今でもややこしくなることもあります。

飲食店の中では、計算しているお店側でもややこしくなるので店内飲食を止めたお店や、店内飲食に合わせて税率10%に統一しているお店もあります。

消費者である私たちもお店もややこしい制度なんですね・・・

消費税増税が納得できない!?増税理由とは?

そもそも私たちの家計を圧迫してまで消費税をあげる理由や目的がよくわからないですね。

そこで消費税を上げる理由を調べてみました。

1.社会保障関係費が足りなくなったから

年金や医療にかかわる社会保障費。
近年の高齢化社会に伴い、年金給付に必要なお金や、医療費の給付などで必要な金額が、ここ30年で3倍に膨れ上がっているというデータもあります。

これまでの8%消費税だけでは到底足りず、ますます働き世代を中心に増えてしまうのを防ぐためでもあります。

また消費税を上げることによって、幼稚園や保育園、高等教育機関の無償化や待機児童などの子育て世代への社会保障にも使われるようになります。

つまり、今まで高齢化に重点を置いていた社会保障を、全世代へ拡大するために増税したということです。

2.国債発行に伴う”借金”が増えた

政府が支出している公的な費用の多くを、国債発行で賄う“借金頼み”の状態でしたが、これが続くと子どもや孫世代へ問題を先送りしてしまいます。

増税することで少しでも借金を返済し、負担を軽くしようということです。

消費税増税したのはいいが今後にどのような影響が?メリットはあるの?

では消費税を増税することで影響はあるのでしょうか。

一番わかりやすいのは購買意欲の低下です。

例えば1万円のマッサージがあります。
今までの8%だったら10,800円で受けられたマッサージが、10%に増税することで11,000円に値上がりしてしまいます。

たった200円の値上がりですが、桁が一つ増えたらなんだか行きたくなくなりますよね。

しかし食料品に関しては軽減税率の対象となり、増税には関係ありません。

そのため、購買意欲が低くなるのであれば家電や旅行など、俗にいう「大きな買い物」に関係がありますね。

お店側の影響としては売り上げが落ちてしまいます。

増税直前になると駆け込み需要によって、一時的に売り上げが伸びますが、増税した途端売り上げが落ちてしまうことはよくあります。

では逆に消費税増税によってのメリットはあるのでしょうか。

1.景気に左右されず一定の税収が見込める

例えば失業などによって所得税が少なくなっても、食品などを買うときの消費税によってある程度の税収が見込めます。

また、消費税は収入に応じて課税されるものではないので、労働意欲を阻害するものではないということで経済には中立的になるそうです。

2.特定の世代への負担を分散させる

今まで所得税や住民税、年金などを負担してきた働き世代に負担が増え、集中してきましたが、消費税を上げることでその負担を減らし、全世代に負担を求める、というのが狙いです。

しかし私の意見としては、どちらにしろ働き世代を中心に消費税の負担があまり減らないのでは・・・と考えます。

特定の人たちへの負担軽減は難しいですね。

まとめ

いかがでしたか?
普段は政治的な話はあまりしませんが、消費税は身近な問題でもあるのでみなさんにも考えてほしくて今回記事にしました。

増税と聞くと家計を圧迫しますが、うまくやりくりしたり、使えるものは使っていきたいですね。

みなさんの意見もぜひ聞かせてください。

この記事があなたの役に立てばうれしいです^^