料理・食事

お手軽!豆腐を使ったおいしいレシピをご紹介!人気一位はこれだ♪

豆腐は栄養満点、消化に良くて、すぐにたべられる!

赤ちゃんの離乳食から、高齢者の食事にも最適ですね。

最近はダイエットにもいい、と注目されています。

それに値段も安くて食材の中の優等生!

私の義父も豆腐が大好きで、一人で一丁でも平気でたいらげていました。

でも毎日冷奴ばかりじゃ飽きますよね。

そこで、この豆腐のカロリーや栄養価を調べ、美味しい食べ方もご紹介しましょう。

豆腐はヘルシーって本当?
気になるカロリーと栄養を解説します!

豆腐の栄養価は、木綿豆腐で100g当たり72キロカロリーとなっています。

ご飯が100g当たり168キロカロリーですから、約半分ですね。

最近はやりの豆腐ダイエットは、ご飯の代わりに豆腐を食べて痩せようというわけです。

でも気を付けてください!
豆腐はカロリーがご飯の半分だから大丈夫、と過信してはいけませんよ。

ある中年男性は
「ご飯の代わりに豆腐を1パックずつ食べたのに痩せない」

となげいていました。

豆腐1パックは350gぐらいあるので、カロリーにしたらご飯1膳より多くなるのです。

もちろん、たくさん食べ過ぎなければ豆腐は栄養満点です。

特にたんぱく質やカルシウムがたくさん含まれています。

たんぱく質は豆腐100g当たり卵1個分もあるのですって!

それに健康増進に役立つ、レシチン、サポニン、イソフラボンなどの機能性分も豊富です。

豆腐はアレンジが簡単な万能食品!
おすすめレシピはこちら♡

そんなに健康にいいのなら毎日でも食べたいですよね。

豆腐をそのまま食べるなら、
・冷や奴
 ネギや鰹節、おろし生姜をのせて、しょう油をかけて食べるのが一番簡単ですね。

・冬ならば、煮奴
 豆腐をお湯で煮て、鰹節やネギにしょう油が合いますね。

 急ぐときはお湯に豆腐を浸けるだけでもOK!
 これならば煮過ぎて、すが入る心配は無用です。

少しアレンジするなら、
・サラダ豆腐

がオススメです。

トマトやキュウリ、戻したワカメ、玉ねぎの薄切りなどに、豆腐を一口大に切って加えれば出来上がり!

しょう油ドレッシングでいただきます。

本格的に主菜にするなら、
・豆腐レシピ人気NO.1のマーボー豆腐

はいかがですか?

[作り方]
1.挽き肉(牛、豚、あいびきでも可)200gに、
 ・しょう油大さじ1/2
 ・鷹の爪1本の細切り
 ・ショウガのしぼり汁少々
を加えます。

2.フライパンに油を引いて、肉を炒めます。
3.火が通ったら、木綿豆腐2丁を8等分ぐらいに切って加えます。

4.水を200cc加えて、ざっくりと混ぜ、火を通します。

5.味見をしてお好みで塩少々を加え、片栗粉でとろみをつけ、ごま油で香りづけします。

  ネギのみじん切りを加えて出来上がりです。

簡単にできて、たんぱく質がたっぷり、ピリリとした唐辛子の味で食欲不振の時にもいいです。

冬のお鍋なら湯豆腐も人気があります。

[作り方]
1.一番簡単な作り方は、土鍋に昆布と水、酒少々を入れ、サイコロに切った豆腐を入れて火にかけます。

2.軽く沸騰したら、すくって鰹節やネギを加え、ポン酢などでいただきます。

  お好みで鶏肉、シイタケ、ホウレンソウ、水菜、ハクサイ、ミツバなどを加えると、よりヘルシーですね。

そして、毎日食べる味噌汁の具としても大活躍!

・豆腐とネギ
・豆腐とナメコ
・豆腐とわかめ
・豆腐と三つ葉

など、ありあわせの材料でも、たんぱく質豊富なお味噌汁が作れます。

一年を通していつでもお料理に使えるのもいいですね。

まとめ 

豆腐はたんぱく質やカルシウムが豊富に含まれ、健康増進に役立ちます。

消化が良く、赤ちゃんから高齢者まで食べることができ、値段も安いので毎日の食生活に欠かせません。

そのまま冷や奴やサラダで食べるほか、マーボー豆腐や湯豆腐にすれば堂々たる主菜です。

お味噌汁の具として毎日食べることもできます。

豆腐を食べて、健康的な生活ができたらいいですね。

この記事があなたの役に立てば嬉しいです^^