美容・健康

炭水化物を抜くダイエットが流行る理由は? 本当に痩せるの?謎に迫る!

まず、普段から私たちがよく口にしている“炭水化物”とは何でしょう?

炭水化物は、糖質と食物繊維を合わせたもので、主食となっている、ごはん、パン、麺類が該当します。

糖質は、体の動きや脳の働きを正常に保つためのエネルギーであり、食物繊維は、腸の働きを良くし、糖質や脂質の吸収を抑制します。

炭水化物を抜くというダイエットが、現在も流行っていますが、このように炭水化物は、私たちの体にとって大切な栄養素であるということがわかります。

実際に炭水化物の摂取を抑えて、体重減に成功した例も多いのですが、「イライラしやすい」「ボーっとする」というような意見も聞かれます。

炭水化物を抜くダイエットの効果は?
どうして痩せるの?メカニズムを知ろう

 

炭水化物を抜くことで、体はどのような状態になり、ダイエットにつながるのでしょうか。
食物繊維ではなく糖質の摂取量の方に、理由がありそうです。

糖質制限をすると、血糖値が上がらなくなり、その結果、糖質が不足した状態になります。そうすると、バランスをとるために、体が皮下脂肪やその他の成分を引き出して使おうとします。
そのため、体脂肪が減り、体重減につながるのです。

炭水化物ダイエットを考えている方は、夜抜くのがおすすめです。炭水化物をたくさん食べてしまうと、夜は活動量が少ないので、どうしても脂肪が付きやすく、太りやすくなってしまいます。夜食のラーメンやポテトチップスが良くない、というのは、よくご存知ですよね。

もし炭水化物を摂るのであれば、お昼ごはんが一番良いと思われます。一日の中で活動量・活動時間が長く、最も体の脂肪になりにくい時間帯のためです。体も頭もフル回転の時間帯ですからね。

また、炭水化物を抜くと、前述の意見にもあったように、思考力が低下するといわれています。忙しい日中に、そのような状態でいるのはとてもつらいし、仕事に支障が出てしまうかもしれません。

炭水化物はできるだけ夜ごはんで抜くように努め、そのあとはゆっくり休みましょう。

炭水化物を抜くのはつらい…
そんな人に味方のダイエットメニューをご紹介!

炭水化物を食べることで、食事の楽しみを感じている方にとっては、炭水化物を抜くことは精神的にとてもつらいことでしょう。そんな方のために、炭水化物抜きでも満足できる料理をまとめてみました。食事の満足度は、やはり味付けに左右されますよね!

ミネストローネスープのように、野菜たっぷりのスープだと、お腹にもたまるし、味付けも濃いめにすれば、おいしさも満足度もアップです!鰹だしがきいたきのこともやしのスープもおすすめです。

絹ごし豆腐をごはんの代わりにお粥のように使って、味付けをするのもおすすめです。青のりや納豆に麺つゆを混ぜてみたり、キムチなどの辛味を混ぜたりしてもおいしいです。お豆腐なので、すこし多めに食べてもカロリーはあまり気にする必要がないのも嬉しいですね。

おもいきって、食事としてふかし芋を食べるのも良いかもしれません。食物繊維がたくさん含まれているので、腸の働きを整えてくれてお腹もすっきり!

まとめ

炭水化物は私も普段から気を付けています。
夜はできるだけ、お米を摂らず、おかずだけにしてみたり、食べてもお茶碗にちょこっと盛るくらいです。

でも、朝、時間がなくてバタバタしてしまい、朝ごはんをパンにしてしまうときもあるので、私の場合あまり効果は感じられません。(笑)

そして、糖質を抜きすぎると逆に反動で間食を食べたくなるので、注意が必要です。炭水化物ダイエットをお考えの方は、計画的に取り組み、そして継続することが大切です。

やはりダイエットは、工夫と忍耐力ですね。お互いがんばりましょう!
この記事があなたの役に立てばうれしいです^^