生活

お年玉はいつまであげてる?高校生まで?大学生まで?

お正月で親戚みんなが集まるときに、大人の立場として気になるのがお年賀と、お年玉ですよね。親戚同士のお付き合いが近いと、結構やり取りの幅も広いように感じます。

 

私の場合、姻族の義理のおじが我が子にお年玉をくれたこともあり、義理のおじの孫(つまり夫の従妹のこども)にもあげるのかな、と悩んだ時がありました。

 

お正月には、いつ・どのタイミングで、どの親戚に会うかわからない場合もあるので、常に渡せる準備をしておいて、渡せなかった分は来年の分にまわしたり臨時出費用にとっておいたりしています(笑)。

 

だいたいは夫婦の兄弟の子ども、つまり甥っ子姪っ子に渡しますよね。

 

一般的には、高校卒業大学卒業成人するまで、などのタイミングであげるのをやめる方が多いように思います。

 

家庭によっては、高校時代からアルバイトをしていて、ある程度の収入がある場合は、お年玉はあげなかったりすることもあるようです。

 

おこづかいもそうですよね。

 

また、高校卒業後、就職する子もいるので、就職のタイミングでは不公平になってしまうので、成人するまで、もしくは高校卒業まで、と決めている方もいるようです。

 

お年玉はいつからあげればいい?気になる世間の平均は?

乳幼児に対して祖父母でも、お年玉を渡す人と渡さない人と分かれると思います。うちには未就学児の子どもが2人いますが、実父母からはまだお年玉に現金をあげたことはありません。

 

「大人が働いて大変な思いをして得たものである」という、お金の価値がある程度わかってくる年齢からで良いのでは、と考えます。

 

では、甥っ子や姪っ子には、いつから渡すべきなのかということですが、基本的には自分の子どもと同じ考えで良いと思います。

 

でも、お相手の両親から乳幼児である我が子にお年玉をいただいた場合は、また別です。その場合はもちろんこちらからも渡すのが礼儀です。

 

お年玉の一般的な相場は、[年齢÷×1000円]だと

いわれています。たとえば、中学3年生15歳の場合は、

15歳÷×1000円=7500円

ということですね。

 

これは、一般的な相場となりますので、各地域での風習や家族・親戚の親密さによっても違いは出てくると思います。

 

また、世帯収入も、各家庭でそれぞれ差がありますので、無理をする必要はないかと思います。ですので、上の計算方法は、目安にしていただけたらと思います。

 

 

お年玉の入れ方は二つ折り?それとも三つ折り?正しい折り方を知ろう

お年玉をもらうのは基本的にこどもではありますが、ある程度の年齢までは、だいたいは大人が管理します。

 

お正月という行事の一環ですので、ちゃんとマナーを守って渡しましょう。

 

まずは、ご祝儀袋に入れるときのように、前もって新札を準備しておきます。お年玉を入れるポチ袋には、いろいろな形があります。

 

ポチ袋の表面に渡す相手の名前、裏面には自分の名前を記入します。

少し大きめで四角いタイプのポチ袋には、お札を二つ折りにして入れると良いでしょう。

 

二つ折りの場合も、三つ折りの場合も、お札の表(偉人の肖像画がある方)を上にして、折ります。三つ折りは、左から内側に折り、右側をかぶせるように折ります。

 

そして、折ったお札がそのまま上下が逆にならないように、ポチ袋に入れます。

 

注意が必要なのは、「四」という数字は縁起が悪いので、四つ折りにはしないこと。

 

また、お札が複数枚ある場合は、すべてのお札を重ねて折って入れるのが正しい入れ方となります。重ねるときは上下、表裏を揃えるようにしましょう。

まとめ

以前は、「正月に歳神様に供えたお餅を配る風習」のことを「お年玉」と呼んでいました。歳神様がやってきて幸せを持ってきてくれるとの言い伝えから、そのお餅を食べることで恩恵を受けていたのでしょう。

 

現在のように、これがお金に代わり、子どもに渡すという風習になってきたのは、高度経済成長頃だと言われています。

 

これが、“子どもたちが幸せ・恩恵を受けることができるように”、と大人が働いて得たお金をお祝い事のお年玉として渡すような風習に、繋がってきたのでしょうね。

 

身近なことで、毎年のことだけれど、正しい方法や他のみんながどうしているかが気になることってありますよね。

 

私も親になってから、おじやおばからいただいていたお年玉袋や金額などを一生懸命思い出そうとしますが、表書きや裏書は覚えていても、さすがに金額までは覚えていませんでした^^;

 

お年玉は、その時代時代でも相場は変わってくると思いますし、家族間や親戚同士のお付き合いの程度でも変わってくるものだと思います。

あなたの家族の場合は、親戚付き合い等も踏まえて決めていかれたら、と思います。

 

この記事があなたのお役に立てばうれしいです^^