育児

早く買わないと!?加湿器をおすすめするのは 可愛い赤ちゃんのためですよ!

加湿器は空気の乾燥した冬に、私たちは使用しますが、夏でも

エアコンの効いた部屋では、乾燥が気になりますよね。

 

部屋でも車の中でも、エアコンをつけていると、乾燥してしまい、

ハンドクリームが必要になるほどです。でも、この暑い夏を

エアコンなしで過ごすのは、かなりツライものがあります。

 

特にデリケートな赤ちゃんにとっては、夏でも冬でも、

お肌の乾燥やインフルエンザなどの風邪予防のために、適度な湿度を

保つことが必要です。

 

赤ちゃんがいるご家庭では、ぜひ湿度計も活用して、50~60%

の湿度を保つようにしておきましょう。

うるさいのはお断り!加湿器の中でも特におすすめ!?寝室に最適な商品のご紹介

加湿器にもいろいろと種類があり、店頭でよく見かけるものは、

気化式が多いような気がします。それぞれの種類には、やはり長所と

短所の両方があります。

 

・気化式

長所…価格・電気代が安い。吹き出す空気が高温ではないので安全

短所…カビが繁殖しやすいので、定期的なフィルター交換が必要。

 

・スチーム式

長所…水が加熱殺菌される。フィルターを使わない。加湿力が高い

短所…吹き出し口が高温になるので、赤ちゃんには危険。電気代が高い。

 

・超音波式

長所…価格・電気代が安い。超音波で作られた霧なので熱くなく安全

短所…カビや雑菌が繁殖しやすい。内部の掃除が大変。

 

・ハイブリット式

長所…電気代が安い。スチーム式よりも蒸気が熱くない

短所…価格・電気代が高い。雑菌による匂いが発生しやすい。ファンの音がする。

 

すべてのタイプに、長所と短所があり、これが良い!と1つだけ

はっきり選ぶのはなかなか難しいです。上記にあげた長所と短所を

考えると、安全と掃除の大変さのどちらを取るか、という

ことになりますね。

 

超音波式の加湿器は、水をそのまま超音波で霧状にして噴出して

いるので、カビや雑菌が繁殖しやすく、大人にも赤ちゃんにも衛生面・

健康面を考えると、おすすめできません

 

空気清浄機も購入しようとお考えの家庭でしたら、加湿空気清浄機

おすすめですね。赤ちゃんは床に近いところで生活しているので、

空気清浄機でホコリのない部屋を保つためには良いかもしれません。

忘れないで!車用加湿器があれば赤ちゃんとの旅行もおすすめですよ!?

車の中でエアコンを使用すると、涼しくなるのは良いのですが、

やはり乾燥が気になります。

 

私も50度以上となっている車に乗り込むときは、まず窓を開けて

空気の入れ替えをし、その後、エアコンを最大にして一気に冷やします。

そしてその時、気になるのが手の乾燥です。

ですので、夏でもハンドクリームが欠かせません。

 

そして短時間でも、乾燥した車内にいると、お肌のトラブルやのどの

痛みが出たり、風邪の原因になったりします。

それらの予防にも車内用の加湿器が活躍します。

 

また、車内は、お家の室内よりもさらに、花粉が入り込みやすいので、

加湿器はそのような花粉を床に落としてくれるという作用もあります。

 

このように車内用加湿器にも長所がたくさんありますが、やはりその分、

短所もあります。カビの発生や窓のくもりには注意して使用してください。

まとめ

本格的な加湿器のほかにも、フィルターと空気の流れを利用して

加湿する商品や、花や葉型、動物型の蒸発紙を水に浸して、水分を

蒸散する自然気化式の商品も出ています。

 

使い捨てにはなりますが、安全面や衛生面、掃除の手間を考えると、

この選択肢もありかもしれませんよ。

 

赤ちゃんの成長(寝返り、はいはい、つたい歩き等)に合わせて、

加湿器を置く場所にも気をつけましょう

 

安全で快適な空間を赤ちゃんと共有できるように、最適な商品を選んで

くださいね。

 

この記事があなたの役に立てばうれしいです^^