美容・健康

あなたの知識はあっている? 正しいストレッチ方法と効果が出るまでの期間教えます

ストレッチは家でテレビを見ながらできるのがメリット!

特別な器具も必要なく、ゆっくりと自分のペースで体を動かすだけで、

柔軟な体を作ることができます。

 

またストレッチは、リラックス効果にも優れていますから、

ストレスの多い方にもおすすめです。

 

そこで今回は、ストレッチと体操の違いや、ストレッチの効果が出るまでの期間などを紹介します。

知っているようで知らない!?ストレッチと体操の違いは●●

ストレッチと体操の違いをご存知でしょうか?

実は、ストレッチと体操には大きな違いがあります。

ストレッチには「静的ストレッチ」と「動的ストレッチ」の2種類があります。

いわゆる「ストレッチ」が静的ストレッチで、「体操」は動的ストレッチです。

ラジオ体操は、動的ストレッチの代表例です。

動的ストレッチは、手足をダイナミックに動かし、動きの中で筋肉を伸ばしていく方法です。

ダイナミックストレッチとも呼ばれています。

 

それに対して、静的ストレッチ止まったまま行うもので、

筋肉をゆっくりと一方向に伸ばし、

その状態を数十秒間キープする方法です。

スタティックストレッチとも呼ばれています。

 

次に、静的ストレッチと動的ストレッチの効果、強度、実施時間の違いを、分かりやすくお伝えします。

1.静的ストレッチ

① 効果

筋肉・関節の可動域の向上、リラックス、疲労回復肩こり・腰痛の改善

 

② 強度

低い

 

③ 実施時間

運動後・就寝前

 

2.動的ストレッチ

① 効果

筋肉・関節の柔軟性の向上、ケガの予防、血流アップ、トレーニングの効果アップ

 

② 強度

高い

 

③ 実施時間

運動前

コツコツが大事!?ストレッチで効果が出るのは何日から?

ストレッチを始めてから、効果を実感するまでに何日くらいかかるのでしょうか?

 

個人差はありますが、早い人でも数ヶ月かかるとされています。

早い人というのは、体の柔らかい人や普段から運動をしていた人のことです。

 

また、ストレッチの回数や強度によっても、効果の出方が異なります。

 

ところで、ストレッチをすると、筋肉がほぐされて血行が良くなりますが、

このような効果が持続するのは6時間ほどとされています。

 

つまり、筋トレのように2~3日に一度というわけにはいかないのです。

 

短時間で良いので、毎日コツコツやることが大切ですよ。

 

先ほど効果を実感するまでに数ヶ月を要するとお伝えしましたが、

その間も体は着実に変化しています。

 

筋肉を伸ばしているうちに、少しずつ柔軟性がついてきます。

 

その結果、筋肉が伸びやすくなり、筋肉の可動域も広がっていくのです。

 

効果が実感できないと、簡単にあきらめないでくださいね。

 

最後に、ストレッチを効果的に行うためのポイントを紹介します。

 

1.限界まで伸ばさない

痛いと感じるところまで筋肉を伸ばすのはNGです。

 

痛いと感じる手前で留めることがポイントです。

 

痛いと感じると交感神経が優位になり、

筋肉が活動状態になって硬直してしまいます。

 

これではストレッチの意味がありませんね。

 

さらに、筋肉やじん帯を痛めてしまう可能性もあるので、注意してください。

 

2.伸ばしたい部位に意識を集中させる

何となくストレッチをやっていても、効果はあまり出ません。

 

伸ばしたい部位に意識を集中させ、ゆっくりと呼吸をしながら行うことで、効果的なストレッチができます。

 

3.正しい方法で行う

初めてストレッチを行う方は、動画でストレッチ方法を確認して、

正しい方法で行いましょう。

 

自己流のストレッチは、体のためになるどころか、体を痛めてしまいます。

 

4.正しいタイミングで行う

ストレッチは正しいタイミングで行うと、より効果的です。

 

入浴後の体が温まっている時寝る前が効果的です。

 

5.動きやすい服装で行う

筋肉を伸ばすには、体を締め付けず伸縮性の良い素材の服装が必要です。

 

ジャージなどが良いでしょう。

 

6.リラックスできる環境を整える

ストレッチは、心身ともにリラックスした状態で行うのがベストです。

 

照明、音楽、香りなど、ご自分のお好みのものでリラックスできる環境

作りましょう。

 

まとめ

ストレッチには、筋肉や関節の可動域の向上、リラックス効果、

疲労回復、肩こりや腰痛の改善など優れた健康効果があります。

 

実は私は、柔軟性には非常に自信があることもあり、

特にストレッチをやると いうことはありませんでした。

 

しかし、今回のリサーチで、リラックス効果もあることが分かりましたので、

ストレッチを少し始めてみようと考えています。

 

今回紹介したストレッチを効果的に行うためのポイントを参考に、無理をせず

毎日コツコツ続けていきましょう!

 

この記事があなたの役に立てばうれしいです^^