生活

テレビ好きにおすすめ!心地よい!? スピーカーランキング

テレビを見るときに必要不可欠なスピーカー。

音質だけでも映像の臨場感や映像の雰囲気を音で味わうことができます。

ほとんどの方はテレビに備え付けられたスピーカーを使用することが多いかと思いますが、中にはテレビの映像をより引き立てたいとスピーカーにこだわる方もいます。

そこで今回は好きな番組や映像別におすすめのスピーカーを紹介します。

テレビの番組別おすすめスピーカーランキング

テレビのスピーカーを選ぶ基準の一つが「使用目的に合わせて選ぶこと」。

主にどんな番組や映像を見ているかによって選ぶスピーカーが変わるそうです。

では番組のジャンル別にどんなスピーカーがいいのか見ていきましょう。

まずは皆さんもよく見ているバラエティーやニュースなどのトークをメインにした番組。

出演者がどんな内容の話をしているのかしっかり聞きたいですよね。

バラエティーなどのトーク番組をよく見る方は、話し声がよく聞き取れるスピーカーがおすすめです。

例えばSONYのテレビ用ワイヤレススピーカー「SRS-LSR100」家の中どこでも持ち運べるテレビ用ワイヤレススピーカーで、設置が簡単で音がクリアに聞こえるという特徴があります。

映画やドラマをよく見る方やよくテレビゲームをする方は出演者の緊迫した演技や臨場感ある演出を味わいつつ、話し声などを聞き取れるような、高音質なホームシアターシステムがおすすめです。

ホームシアターシステムも様々な形態があり、部屋の広さや予算、どんな音量で楽しみたいのかなどを考えながら選ぶ必要があります。

SONYのホームシアターシステム 2ch NFC/Bluetooth/ハイレゾ(LDAC) HT-ZR5Pは家庭のネットワーク環境により様々なコンテンツをワイヤレス通信で楽しむことができ、クリアな音質で作品を楽しむことができます。

スポーツ観戦やライブなどの音楽番組をよく見る方現地の会場と同じ雰囲気を味わえるような高品質な音質が特徴のスピーカーを選びましょう。

どの番組もよく見る方ならパイオニア Pioneer HTP-CS1 コンパクトフロントスピーカーシステムなら番組に応じて音質を変えるモードがあります。

例えば普通のステレオモードやライブ感のあるサウンドが楽しめるミュージックモードなどがあります。

大好きな声優がいる人におすすめ!?
ランキングでみるテレビスピーカーの特徴

アニメ声優さんが好きな方は特にわかるかと思いますが、近年の声優さんはアニメ作品だけでなく、アイドルとして活動したり、ライブをしている方も多いです。

好きな声優さんが参加する作品や出演するライブはしっかりとチェックしたいですね。

そこで2019年10月のスピーカーランキングを通じて、テレビスピーカーの特徴を見ていきましょう。

1位 ヤマハYAS-108
バーチャル3Dサラウンド技術「DTS Virtual:X」に対応したサウンドバーで、2機種のBluetooth対応端末を同時に接続できる「マルチポイント接続」にも対応しています。

2位 ヤマハYAS-109
「Amazon Alexa」による音声コントロールや音楽配信サービスにも対応したワンボディタイプのフロントサラウンドシステムで、専用アプリ「Sound Bar Controller」での操作のほか、音声での本体操作にも対応しています。

3位 SONY HT-X8500
ソニー独自のバーチャルサラウンド技術により、バースピーカー1本で3次元の立体音響を楽しめる、デュアルサブウーハー内蔵のサウンドバーで、Bluetooth対応しています。

ほかにもスピーカーがありますが、ほとんどのスピーカーには独自の音響システムにより立体感のある音響が楽しめるのと、それぞれの製品独自のシステムにより差別化を図っているようです。

またスピーカーの形態も様々あり、お手軽に設置できるものや本格的なスピーカーもあるそうです。

まとめ

いかがでしたか?
テレビスピーカーとひと言で言っても様々な種類があり、そのほとんどが音質に力をいれていて、見たい番組に応じてモードを切り替えられるものでした。

スピーカーがほしいという方は見たい番組や映像の種類に応じて探してみるのもありですが、くれぐれも視聴する際の音量には気を付けてくださいね。

この記事が皆さんの役に立てばうれしいです^^