ゲーム・アニメ・映画・漫画

大人気アニメ! 『食戟のソーマ』に関する秘密大公開!? ※一部ネタバレを含んでいます。

みなさんいかがお過ごしですか?

夏休みは時間がたくさんあるので、やりたいことがいっぱいできますね。
時間があるときこそ、好きな作品や気になる作品などを読む
絶好の機会です!

今回はアニメにもなった作品『食戟(しょくげき)のソーマ』の人気の秘密に
迫りたいと思います。

もくじ 非表示
3 読者が選ぶ!? 『食戟のソーマ』名場面TOP10!

『食戟のソーマ』とは?あらすじをご紹介。

最初に『食戟のソーマ』とはどんな話なのでしょうか。簡単にご紹介します。

原作:附田祐斗、作画:佐伯俊。『週刊少年ジャンプ』2012年52号から
2019年29号までの全315話が掲載されていました。
単行本は、2019年6月中旬時点で35巻まで発行され、スピンオフ作品として
四宮小次郎の話も出ています。

主人公は下町にある食事処「ゆきひら」の店主の息子、幸平創真。
家業を手伝いながら、父・幸平城一郎を越えるべく料理修業に励む日々を
過ごしていました。
そんな中、学校卒業後は家業を継ごうと考えていた創真をよそに、
父・城一郎は店を数年閉めると宣言して海外に渡ってしまいます。

父の命により、超名門料理学校「遠月茶寮料理學園」の高等部に入学した創真は、
持ち前の料理のノウハウを駆使して料理人として成長していく、というお話です。

タイトルにもある「食戟(しょくげき)」は作中の料理対決のことで、
料理の味を官能的・甘美的な表現で描くのがこの作品の特徴です。

作中では現実で用いられている料理手法が登場します。
実現可能でありながら、現実では考えられないような思いきった料理表現を、
行うのも見どころです。また、その料理の数々は現実の料理評論家のお墨付きで
5話目からは美人料理研究家としても有名な森崎友紀氏が協力しています。

『食戟のソーマ』の人気の秘密は、他の料理漫画にはない料理の魅力が
溢れているのかもしれません。

『食戟のソーマ』の作者が語る!?
キャラクターに秘められた想いとは。

『食戟のソーマ』には個性溢れるキャラクターが多く登場します。
主人公:創真の仲間として、また、時にはライバルとして創真を大いに
成長させていきます。そんなキャラクターたちに、原作者の附田祐斗さんは
どのような思い入れがあるのでしょうか。

附田祐斗さんは以前インタビューで主人公:創真のキャラクターについて
こう語っていました。

『僕は「アニメはアニメのプロに任せた方がいい」と思っていて、
ほとんど口は出しませんでした。創真の性格についてくらいですね。
「幸平創真は、熱血キャラじゃないんです。あいつは誰よりも飄々としているし、
実力を認めないやつにはとことん冷たいんです」って。だからオーディションでも
「熱血キャラで演じられると困る」って話していましたね。
それ以外の演出面は全部アニメスタッフの方にお任せしていました。』

引用:『「食戟のソーマ弐ノ皿」原作者附田祐斗×米たにヨシトモ監督対談
全力で駆けるキャラを描く』
URL:https://natalie.mu/comic/pp/shokugekinosoma/page/2

アニメに限らず、漫画などの主人公は大体熱血キャラが多いですが、
創真は序盤から料理人としてのプライドが強いキャラクターです。
序盤にある入学した遠月茶寮料理學園高等部授業の授業はお料理教室感覚で、
学生生活に対して、創真は消極的でした。ですがクラスメートや講師を見て、
少しずつ気持ちを入れ替えて取り組むようになっていきます。

また少年漫画の主人公は大体負けることはありませんが、創真は結構
「食戟」で負けてしまいます。無双の主人公よりも、負けの辛さや苦しみを知っている創真は、
熱血キャラとは違うように見えます。彼がもともと持っている料理人としてのプライドが、
創真のキャラクターを作っていっっているのだと思います。

読者が選ぶ!?
『食戟のソーマ』名場面TOP10!

では『食戟のソーマ』の名場面をセリフを発したキャラクターと共に紹介したいと思います!

出典:『まるちょん名言~名言掲載数14万語』
URL:https://meigen.keiziban-jp.com/%E9%A3%9F%E6%88%9F%E3%81%AE%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%83%9E

10位 「料理人として生きるということは、嵐舞う荒野を一人きりで彷徨うに等しい…」
堂島銀

堂島銀は遠月茶寮料理學園の第69期卒業生で遠月学園が運営する
「遠月リゾート」の総料理長兼取締役会役員を務める男です。
学園在籍時は十傑評議会の第一席、つまり主席の座にあり、
卒業試験を歴代最高得点で突破した遠月学園の最高峰ともいえる人物です。

そんな彼が言うこのセリフは、学園の主席の座にあったからこその重みがありますね。

9位 「けどさ、足りねー事にびびってたら永遠に一品も出せやしない。
オレにとって今の時点で負けてる事は、ちっとも問題じゃねーんだよ」
幸平創真

料理対決を目前に控えて、相手の能力や力量を見せつけられた後、
周りの仲間が後ろ向きな発言をしたのに対し、創真が語った言葉です。
「敗北する」ということを知っている創真だからこそ言える言葉ですね。

8位 「自分の場所を守る勝負すらできなかった。
そんな男に負けるかっての」
幸平創真

このセリフを発した場面を調べてみましたが見つけることができませんでした。
しかし、勝負をする上では勝ちに行こうとする姿勢がよく表れていると思います。

7位 「お洒落は必要だ
作る人間がダサいと料理に色気がなくなるからな」
四宮小次郎

四宮小次郎は遠月学園第79期卒業生で、フランスのパリにある
フランス料理店「SHINO’S」のオーナーシェフ。作中では鬼試験監督として
初登場し、後に創真が師匠として慕うことになる読者に人気のキャラクターの一人です。
彼が主役のスピンオフ作品が『ジャンプ+』で連載されていました。

このセリフは高等部の新入生合宿のゲスト講師として招かれた時、
自己紹介の場で柑橘系の香料が入った整髪料を使用していた学生に
いきなり退学勧告をした時に発せられたセリフです。
その理由は「柑橘系の香料が料理の匂いを霞ませる」ではありますが、
おしゃれすることについては否定していませんでした。

6位 「――四宮先輩っ!食事処の“処”と たどころの“どころ”が一緒で、
とっても語呂が良いですね…!」
乾 日向子

日本料理店「霧のや」シェフで、遠月学園第80期卒業生の乾 日向子が
発したセリフです。性格はおっとりしていますが、料理に対しては
時折、冷徹な一面を見せます。在学時代は「霧の女帝」と呼ばれ恐れられていました。

このセリフは食戟中に四宮小次郎に耳打ちして発しています。真剣勝負の途中に
このセリフが出る思考回路って・・・と思いますが日向子のお茶目さが出ていると思います。

5位 「諸君の99%は1%の玉を磨く為の捨て石である」
薙切仙左衛門

遠月學園の総帥で、薙切えりな・アリスの祖父薙切仙左衛門のセリフです。
彼は徹底した少数精鋭主義者で「遠月に弱者は要らぬ」をモットーとしています。
そしてなんと、一度編入試験に不合格となった創真を合格させた恩人でもあります。

このセリフは遠月學園の入学式に発せられた言葉で、彼の信念がよく伝わり、
遠月學園の厳しさを教えるような重い言葉ですね。

4位 「でも…失敗したっていう「経験」は得た」
幸平創真

合宿のビュッフェ対決で、時間内に200皿分食してもらわなければならない状況で
スフレオムレツを8皿分しか食してもらえませんでした。しかし、創真のアイディアで
なんとか200皿達成した後、創真がバカにしていた同級生に放った言葉です。

失敗はしたけれどそれをどう生かしていくのか、生かしてこそ真の料理人になれる
という思いが伝わりますね。

3位 「いい料理人になるコツは自分の料理の全てを捧げたい
と思えるような そんな女に出会うことだぜ」
幸平城一郎

こちらのセリフは創真に対して言った言葉です。
遠月學園で伝説の料理人と呼ばれた男らしいセリフですね。

2位 「時代が変わってもいつも同じものがふたつある。
ひとつは学生達の笑い声。
もうひとつは、月の下には必ず星が集うということ」
大御堂ふみ緒

遠月學園の学生寮「極星寮」の寮母を務めている大御堂ふみ緒のセリフです。
創真の父・城一郎が遠月學園にいた頃から寮母をしていたそうで、長年生徒を
見守ってきた彼女ならではの言葉ですね。こんな優しそうな寮母さんがいたら
学生生活でとても豊かな経験が積めそうです。

1位 「積み上げてきた自信も自負も全部吹き飛ぶような
失敗をしても、もう立ち上がれないくらいの惨めな思いをしても、
明日も絶対に店は開けなきゃならねー…!
それが料理人なんだよ」
幸平創真

サイトの投票でダントツ1位のセリフです。料理人としてのプライドがとても高い
創真だからこそ出てきたセリフだと思います。

まとめ

いかがでしたか?個性豊かなキャラと臨場感ある食戟のシーンはファンを魅了し、
アニメや漫画が終わった今でも愛され続けています。

料理の内容ばかりではない、『食戟のソーマ』のキャラの魅力が少しでも
お伝えできていれば、と思います。

この記事があなたの役に立てばうれしいです^^