生活

塩素もカルキもこれで安心な浄水器ランキング!  ~蛇口取り付けタイプとビルトインタイプの徹底比較~

毎日使うから余計に汚れやすい水回り。
台所のシンクは白カビが生えやすいので日々の手入れがより重要になってきます。

手入れをするのはもちろんですが、浄水器を変えただけで白カビが減ったという話も聞きます。

浄水器と一口で言ってもポットの中にあるフィルターが水道水をろ過するポット型や、水道の蛇口に直接取り付ける蛇口型、キッチンの蛇口と浄水器をホースで繋いで使用する据え置き型などがあります。

そこで今回は希望のタイプ別におすすめする浄水器について紹介しますね。

すぐ浄水器が欲しい人におすすめ!
徹底比較!!~蛇口取り付けタイプ浄水器~

蛇口型のメリットは買ったらすぐに取り付けが可能なところ。
業者をわざわざ呼ばなくても取り付けることができるものもあるそうです。

そんな蛇口型ですが、カートリッジの交換時期が2~4か月と短く、寿命も短いのが難点です。

しかし、簡単に取り付けられてすぐに使いたいという方にお勧めです。

では蛇口型ではどんな製品があるか見ていきましょう。

1.パナソニックTK-CJ12
交換時期も短く、寿命も短い蛇口型ですが、パナソニックの蛇口型はカートリッジの寿命期間が約1年と比較的長いのと17種類もの有害物質が除去できると人気があります。

製品ラインナップも豊富で、自宅の蛇口に合わせられるかと思います。

2.三菱ケミカル クリンスイMD101
三菱クリンスイ・モノシリーズはスタイリッシュなデザインで、取り付けたらすぐに使えると人気があります。

15種類もの有害物質を取り除くことができる高品質な製品です。

3.東レ トレビーノカセッティ205MX MK205MX
低価格でほしいという方には東レの商品がおすすめ。
5000円以下でなかなかの品質の製品があります。

その中でもトレビーノカセッティ205MX MK205MXは品質もそこそこよく価格も抑えられます。

同じ東レの製品で3000円台の製品もあるそうですが、カートリッジの寿命が短いという声もあるので、こちらのモデルがいいのではないかと思います。

オープンキッチンの浄水器に絶対おすすめ!
徹底比較!!~ビルトインタイプ浄水器~

ビルドインタイプの浄水器製品は少なく、あまり見かけることがありませんが、大容量で高品質なものが多いです。

ビルトインタイプ浄水器はほかのタイプの浄水器に比べ、カートリッジの容量が格段に大きいので、年1回の交換で済み、浄水器本体をシンクの下に収納するので水回りがすっきり広々と使えます。

カードリッジの容量が大きいことで、いつでも高品質で安全な水を飲むことができます

デメリットとしては価格が高いのと、シンク下にカートリッジを収納するスペースを確保する必要があります。

また業者によって取り付け工事をしてもらう製品もあります。

ビルドインタイプの浄水器の中には購入時に施工工事がセットになったものもあります。

購入時にはしっかりと確認してから購入したいですね。

もし今すぐにでも浄水器が欲しいという方には向きませんが、安全な水を飲みたい方にはうってつけです。

ではビルトインタイプにどんな製品があるか見ていきましょう。

1.TOTO メタルボディ浄水器専用自在水栓(カートリッジ内蔵形)TK304A
今使っている水栓はそのままに、浄水器を付けたいという方にお勧めです。

取り付けも比較的楽で、水栓をひねるだけでカートリッジの交換ができるという手軽さで人気があります。

2.三菱 アンダーシンクタイプ複合水栓 F904C1
先ほど蛇口型にも出てきた三菱のビルドインタイプです。

13物質を高度除去するだけでなく、レバーにより簡単に操作でき、切り替えができるという優れもの。

引き出して使えるハンドシャワー機能も搭載しているので、値は張りますがかなりいいものではないかと思います。

まとめ

いかがでしたか?
浄水器のタイプはほかにもありますが、主流の手軽に取り付けられすぐに使うことができる蛇口型と大容量でかつ高品質なビルドインタイプを紹介しました。

それぞれの長所や短所をわかっていただけたらうれしいです。

今回は国内製品を紹介しましたが、特にビルドインタイプになると海外製品も結構あったりします。

ご家庭の水道事情と相談しながら浄水器を選んでくださいね。

この記事が皆さんの役に立てればうれしいです^^