生活

どこよりもわかりやすく子供の自転車サイズを徹底的に調査しました!

子供の自転車選び、悩みますよね。
わが家は長男が初孫なので、
ありがたいことに祖父母がすぐに補助輪付きの自転車を買ってくれました。

カーブの際に引っかからないように
補助輪は片側しか設置しないものなのですね。
こどもが乗っているのを見て気が付きました。
サイズは聞いていませんが、14~16インチくらいの幼児用なので、
ギリギリ小学一年生までかな~と思っています。

長く使うため、
おさがりとしての使用も考えているために、
逆に大きめの自転車を買ってしまうと、車輪が大きく、
足がつかなくて不安定なため、大変危険です。

身長や年齢に合ったサイズが決まっていますので、
デザインだけで選んだり、先のことだけ考えたりして購入を決めず、
適応サイズもきちんとおさえて購入に踏み切りましょう!

おさがり前提で考える子供の自転車サイズの選び方を考える

注意してもらいたいのは、兄弟間でも自転車をおさがりで使用する、
譲渡する場合は、必ず防犯登録の再登録が必要です。

新しく自転車を購入する際は、販売店の方がしてくれる場合がほとんどですが、
その際に作成される防犯登録カードは、再登録の際に必要になりますので
、大切に保管しておきましょう。

では、あなたのお子様にぴったりのサイズの自転車はどのくらいのものなのでしょうか?
年齢、身長をもとにきちんと適応サイズを選ぶことをお勧めします。

ひとサイズの自転車の適応年齢の幅としては3歳くらいあるので、
1人目、2人目の年齢、身長がこの範囲内であれば、
おさがりとして使用することが可能でしょう。

何年使える?子供の自転車サイズと身長の関係

・16インチ…身長102cm~(3~6歳)
・20インチ…身長113cm~(5~8歳)
・24インチ…身長131cm~(7歳以上)

一般的に示されている適応サイズはこのようになっています。
ご自宅の自転車や、ご購入を考えている自転車のサイズは、
おさがりを考えた場合でも使用可能なものですか?
ご兄弟の年齢差にもよりますよね。

最近は小学生になっても、ある学年に達して学校の先生から合格をもらい、
許可を得ないと、自宅の周辺さえも自転車に乗ってはいけないことになっています。
その地域によるかもしれませんが。
ご自宅の校区がどのようになっているか、
一度お調べいただいた方が良いと思います。

確かに学生の自転車による事故は、毎年あとを絶ちません。
自転車はおもちゃではなく、立派な車両です。
大人が乗る場合には、アルコールを摂っていれば、飲酒運転とみなされることもあります。

自転車を運転する子供たちが、被害者だけでなく、
加害者になってしまう場合も多々あります。
自転車に乗るときはヘルメットも絶対に忘れずにご用意ください!

まとめ

自転車購入の際のポイントとなるのは、
自転車協会が定めた90項目以上の安全基準に合格している証である、
BAAマークが付いていること
また、通販などではなく、プロの整備士がいる店頭で購入することが大切です。

新しく購入する時は、上記に示した適応サイズであるかを必ず確認しましょう。
年齢だけでなく、子どもによって身長も様々ですので、
店頭で実際にまたがってみて、可能ならば試乗してみて、
店員さんや整備士の方の助言も聞きましょう。

兄弟や知人間でおさがりを使用するのは、
お話してきたように、もちろん可能なことです。
その時には、きちんと整備士の方に整備し直してもらい、
防犯登録の再登録を必ずする、ということをお忘れなく。

子供たちが事故なく便利に楽しく自転車を利用することができるように、
私たち大人も子供の前でも交通マナーをしっかりと守り、
必要に応じて声掛けをしていきましょうね!

この記事があなたの役に立てばうれしいです^^