生活

固定電話はもう使わない!解約すると返金がある?

自宅の固定電話の呼び出し音、覚えていますか?

かかってくるのは、勧誘と特殊詐欺といった、笑えない話も実際にあります。

通話もインターネットも、携帯電話か固定の回線っていう方は、案外多いですよね。

解約してから、ネットが使用できないとか困るし、他社への乗り換えは再設定が面倒。

そこで、固定電話を解約する方法と、解約してもインターネットの契約はそのまま使用できるのか、私の経験からお得な情報をお届けします。

固定電話の解約と休止どっちがいい?違いをわかりやすく解説!

解約は完全に解約することで工事費はかかりません。

一方休止は最大10年間電話加入権が残りますが、再度利用する際は電話番号が変わります。

それぞれを詳しくご説明します。

まず、電話回線を引いた時のことを覚えていますか?

電話加入権という施設設置負担金を支払って、固定電話を引いています。

そこで、解約すると電話加入権も手放すことになります。

NTTでは買い取りませんので、返金はありません。

販売したい場合は、金券ショップに持ち込むだけです。

ただし、購入時72,000円だった権利が、現在の金券ショップでの買い取り価格は手数料を引くと、2,000円程度です。

しかも多くの人が手放しているので、電話加入権の値段は下がり続けています。

もう一つの休止について説明します。

休止は電話加入権を保持したまま、回線の使用を休止することです。

手続きと工事に合計1,000円から3,000円かかります。

場合によって、工事費が無料になることもあるので、料金に幅を持たせています。

休止の場合は、この手続きをすると、毎月の基本使用料を支払う必要がありません。

そして、5年ごとに確認の文書が送付されるので、返事を書かなければいけません。

例えば、住所変更をして文書が届かず返信しないでいると、休止手続きから10年後に電話加入権が消滅します。

実は、我が家では休止の手続きをしたことがあります。

5年後に再開した時は、Fax専用電話にしました。

その頃固定電話とFaxを同じ回線で使用していました。

電話がかかってくると、いきなり「ぴー」とFaxだったこともあって、回線を増やしました。

そして、電話番号が変わってから、以前使用していた人の関係者から電話がかかるようになりました。

理由を説明しても、数か月かかってきたんです。

トラブルになるのが嫌だったので、直接Fax受信にして、新しい番号に出ないようにしました。

もう1つFax専用にした理由は、ダイレクトメールが頻繁に届くようになったことです。

自分が連絡したい相手にだけ、新しい番号を伝えて、ダイレクトメールを遮断しました。

どうしてもFaxを送りたい人は、固定電話にかけてこなければならない状況にしてしまいました。

これも効果絶大でした。

本当に利用しないのであれば、解約か休止どちらかの手続きをすることをおすすめします。

毎月の基本料金の支払いがなくなるだけでも、大きいですよ。

我が家もこれは大きかったです。

でも、今でも固定電話を利用しています。

災害発生時や工事による停電の際に電話が利用できなくなるからです。

ボイスワープ機能で、固定電話にかかってきた電話が携帯電話につながるように設定しています。

以前発生した地震の時に、携帯電話はショートメールでのやり取りしかできませんでした。

固定電話の復旧が一番早かったこと、停電でも古い固定電話の機械であれば利用できました。

だから、我が家ではもう少し固定電話を使います。

固定電話を解約してもインターネットはそのまま使える?

固定電話でインターネット経由の「ひかり電話」を利用していない場合には、電話を解約してもインターネットは接続可能です。

しかも支払いは発生しません。

でも、固定電話が「ひかり電話」の場合は、ちょっと話が変わります。

インターネットが利用できなくなることもあります。

ひかり電話一体型ルーターを利用している場合です。

この場合は、自分でWi-Fiルーターを購入して設定すれば、インターネットを利用できます。

プロバイダー契約はNTTのままですので、毎月プロバイダー料金は請求されます。

そして、解約によって支払いが発生することもあります。

ルーターを分割で購入している場合です。
購入代金の支払いが完了していない時には、残額が一括で請求されます。

ルーターをレンタルしている場合は、支払いの発生はありませんが、インターネットが利用できなくなる可能性もあります。

ですから、ひかり電話の場合は、解約前に自前でルーターの準備又は、レンタルの手続きをしておきましょう。

でも、自前でWi-Fiとか面倒だと思う時に、最安値で済ませる方法があります。

100円ショップでLANケーブルを購入して、有線でパソコンに接続する方法です。

ケーブルがついたままで煩わしく、携帯電話は利用できませんが、とりあえず的におすすめします。

まとめ

固定電話はいらないけれど、インターネットは必須。
そんな方も多くなりました。

今回ご説明した条件でも、固定電話をひかり電話に変えている場合とそうでない場合は、異なることがおわかりいただけたかと思います。

Wi-Fiルーターは家電量販店などが多く取り扱っています。

また、プロバイダー事業者も多くあります。

我が家は、回線はNTT、プロバイダーはソフトバンク、ルーターは家電量販店で購入しました。

回線を引く時に、家電量販店でルーターを購入して、その場でプロバイダー契約もしてしまいました。

我が家の担当者に言わせると、これがその時、我が家の住んでいる地域では一番安くて簡単な方法だったんだそうです。

そして、ルーターは無理をしても値段が高いもの(高機能のもの)が、良いそうです。

通信速度が早く、多くの機器が接続できます。

重いサイトでもサクサク開けます。
その上、家の中の広範囲で接続可能です。

アンド、こまめに料金情報をチェックすることも大切です。

携帯電話を買い替える時にプロバイダーもまとめるとお得なこともあります。

我が家では、光回線のポイントを使って、無料でルーターを替えたこともあります。

ケーブルを差し替えて、暗号化キーを入力することでで再設定が完了しました。

必要な情報を集めて、ササッと行動することが、結局は一番お得です。

この記事があなたの役に立てばうれしいです^^