迫力の黒部ダムを間近で体感!週末旅のホテル探しはじゃらんで検索

旅行・海外生活

週末の休みを利用して旅に出ようと計画中の皆さん、大手旅行サイトの「じゃらん」でどこへ行こうかと検索中じゃないでしょうか?

もしまだ行き先が決まっていないなら、今巷で大人気の「ダム」へ行ってみませんか?
水をためたり、放水したりする、巨大なあの「ダム」が人気なんです。

ダム見学はもちろんのこと、ダム周辺も見どころの満載の観光地が多く、またダムで配布されているダムカードの収集や、カレーをダムに見立てて盛り付けたダムカレーも人気なんです。

そんな人気のダムの中でも、富山県にある「黒部ダム」が特におすすめなんです!

黒部ダムは、えん堤の高さが日本一で、その規模は日本最大級を誇ります。

立山黒部アルペンルートのローケーションも素晴らしく、立山連峰をはじめ、四季を通して絶景が楽しめます。

ある年齢以上の方なら、石原裕次郎主演の映画「黒部の太陽」で、その存在はご存知でしょう。

今回は、大手旅行サイト「じゃらん」で行ける、週末旅、それも東京発黒部ダムツアーに絞って、みなさんの週末旅の参考になるようにお伝えしていきます!

スポンサーリンク

黒部ダムはツアーで行けば手軽!東京発の黒部ダムツアー

北陸新幹線も開業し、富山へも便利で手軽に行けるようになりました。
「じゃらん」で、東京発で行ける黒部ダム、新幹線と宿がセットになったプランをいくつか紹介します。

◇清流沿いの絶景露天と旬菜会席が評判の宿 延楽◇

富山県で温泉といえば宇奈月温泉が有名ですが、その宇奈月温泉にあるこちらの宿は、じゃらんnetランキング2019で、泊まって良かった宿富山県5~100室以下部門で見事1位に輝いたお宿なんです。
全客室、すべての露天風呂から黒部峡谷が見渡せる眺望と、器にも凝った料理長自慢の雅膳も絶品です。
【東京ー黒部宇奈月温泉往復JR運賃、宿泊代(朝・夕食付)お一人様9万4千円~】

詳しくはこちらから→https://s.jalan.net/3IKoIOi

◇旬菜食楽黒部峡谷絶景の宿 延対寺荘◇

もうひとつ宇奈月温泉の宿、日本三大渓谷のひとつ黒部峡谷沿いにある延対寺荘。
歴代総理大臣や、川端康成、与謝野晶子など文豪、著名人が宿泊したほどの、老舗温泉旅館です。
富山湾で水揚げされお魚も新鮮で、黒部川のせせらぎにも癒されます。
【東京ー黒部宇奈月温泉駅往復のJR運賃、宿泊代金(朝・夕食付)お一人様3万6千円~】

詳しくはこちらから→https://s.jalan.net/3LlIzoF

◇5つの元湯めぐり小川温泉元湯 ホテルおがわ◇

北アルプスの山々に囲まれ、川沿いにひっそりと佇む隠れ家的ホテル。
全室川側のお部屋で、川音をききながら静かに、ゆったりと過ごせます。
また5つのお湯めぐりで、日頃の疲れを癒してください。

【東京ー黒部宇奈月温泉駅往復のJR運賃、宿泊代金(朝・夕食付)お一人様5万8千円~】

詳しくはこちらから→https://s.jalan.net/3LlE4dE

◇ホテル森の風立山◇

「日本のホテル・旅館100選」施設部門82位に選ばれたホテル。
立山連峰を望む素晴らしい景色と、富山の旬を使った他では味わえない創作料理がいただけます。
露天風呂付き客室「立山別邸・四季の彩」の贅沢空間も超おすすめです。

【東京ー富山往復のJR運賃、宿泊代(朝・夕食付)お一人様10万~】

詳しくはこちらから→https://s.jalan.net/3JLvlkB

◇里の湯 雷鳥◇

富山の大自然の真っただ中に建つ旅人にやさしい旅館。
午後になると天候が崩れることが多い、立山黒部アルペンルートに向かう人向けに、早立プランも用意されています。
食事は地元の自然野菜を中心の献立で、お米も契約農家さんのコシヒカリが使われています。

【東京ー富山往復のJR運賃、宿泊代(朝・夕食付)お一人様3万6千円~】

詳しくはこちらから→https://s.jalan.net/36RF4XY

◇アパホテル 魚津駅前◇

全国に展開しているお馴染みのアパホテル。
魚津駅前の便利な立地で、リーズナブルに旅行を楽しめます。
朝食は手作りのバイキング形式です。

【東京ー黒部宇奈月温泉駅往復のJR運賃、宿泊代金(朝食付)お一人様3万4千円~】

黒部宇奈月温泉駅ー魚津駅前の運賃は別途必要です。

詳しくはこちらから→https://s.jalan.net/3879ma2

紹介した宿からの黒部ダムへのアクセスは、宿の最寄駅から立山駅まで行き、立山黒部アルペンルートでケーブルカーやロープウェーやバスなど、数種の乗り物を乗り継いで行くルート。

もしくは長野駅まで行き、特急バスで扇沢へ行き、扇沢から関電トロリーバスで行くというルートになります。

☆★☆黒部ダムとその周辺について☆★☆

立山黒部アルペンルートが全面開通したのが1971年で、富山県の立山駅(富山地方鉄道)から長野県大町市の扇沢駅を行く交通ルートは、世界的にも有名な山岳観光ルートになっています。

立山駅から扇沢駅まで、25kmの直線距離ですが最大高低差は1975mもあり、立山ロープウェイ全線地下式のケーブルカー、黒部ダム建設用に作られたトンネルを通るトロリーバス、日本一の高さの黒部ダムを歩いて移動したりと、たくさんの乗り物を乗り継いで移動します。

ほとんどが中部山岳国立公園内にあり、立山連峰、黒部ダム、飛騨山脈など見どころ満載で、登山やハイキングなど、季節を通じて楽しむことができる一大観光地になっています。

立山黒部アルペンルート・https://www.alpen-route.com/

スポンサーリンク

時間がない人にもおすすめ!黒部ダムツアーに日帰りで行く方法!


週末は時間がなくて、泊まることはできないけど、何とか日帰りで黒部ダムに行けないものかとお考えの方。

ありました、「じゃらん」で検索すると日帰りプランが見つかりました!

往復の交通手段、交通費は各自でとなるんですが、それでも温泉に浸かれ、夕食まで付いてる日帰りプランもあるんです。

◇黒部観光ホテル◇

長野県大町温泉郷のホテルで、お部屋は利用できないですが、15時にチェックインできてロービーで滞在できます。18時からは夕食バイキングが楽しめます。

立山黒部アルペンルートまで車で20分ほどですし、早いうちに黒部ダムを楽しみ、こちらへ戻って、お風呂とバイキングを楽しむのもいいかもしれません。

【利用時間15時~22時 ロービー滞在と夕食バイキング、大浴場 お一人様3,900円~】

詳しくはこちらから→https://s.jalan.net/3uzZFIx

◇黒部峡谷 ホテル黒部◇

宇奈月温泉にあるお宿で、黒部峡谷の入り口に位置し、黒部川沿いを走るトロッコ電車を、お部屋からでも楽しめます。

日帰りプランを、事前予約で15時~21時滞在の夕帰りプランに変更できます。

食事は付きませんが、お部屋でくつろげ、大浴場も利用できます。

【利用時間15時~21時 お部屋、大浴場 お一人様3,300円】

詳しくはこちらから→https://s.jalan.net/3qDhntt

どちらも日帰りなので時間はタイトになりますが、一考の価値ありですね!

スポンサーリンク

まとめ

人気の観光地黒部ダムへ、週末泊りで、また日帰りで行ける旅を紹介しました。

時期や繁忙期、宿泊先の事情により、紹介した条件が変動しますので、最新の情報を「じゃらん」ホームページでご確認ください。

https://www.jalan.net/

また、紹介しきれなかったプランがまだまだたくさんあります。
みなさんに合った、より良いプランを見つけて、よい週末、よい旅に出かけてくださいね!

最後になりますが、この記事があなたの役に立てば嬉しいです^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました