生活

フェイクグリーンとナチュラルグリーンって壁に飾るならどっち?

雑誌やSNSで見かけるおしゃれなお宅には必ずあると言っても過言ではない、グリーン

飾っているだけで写真映えしますし、ふと目に入ると癒し効果もありそうで、お部屋に1つは欲しいアイテムですよね!

背丈が大きいグリーンも存在感があって素敵ですが、女性1人でも気軽に持ち運びできる、コンパクトな壁掛けタイプも今大人気なんです♪

壁やドアなどにちょこっと掛けておくだけで、グッとおしゃれなお部屋に見せてくれます。

そんなインテリアに取り入れたいグリーンですが、お部屋に飾るなら「フェイクグリーン」と「ナチュラルグリーン」どちらが良いのでしょうか?

たくさん種類もあるし、迷ってしまうというあなたは今回の記事を是非参考にしてみてくださいね。

光触媒のフェイクグリーンについても詳しくご紹介していきます。

最近よく聞くフェイクグリーンにある光触媒ってどんな機能があるの?そのメリットは?

そもそも「光触媒(ひかりしょくばい)」って何?

聞きなれないという方もきっと多くいらっしゃいますよね。

 

光触媒のグリーンとは・・・

葉っぱや花びらの部分に光触媒の加工がされた、フェイクグリーンのこと。

 

太陽の光や蛍光灯・LEDなどの照明の光をグリーンが浴びると、活性酸素が発生します。

この活性酸素が空気中の有機物や細菌・嫌な臭いを分解して綺麗にするという、消臭・抗菌・浄化効果がある優れものなんです!

 

生活をしていると、どうしても臭いは出てしまうものですが、来客の予定がある時などは特に家の臭いが気になってしまいますよね?

光触媒のフェイクグリーンを置いておくだけで、タバコの臭いやキッチンの生ゴミの臭いなども緩和してくれます。

また、風邪や胃腸不調を呼び起こす細菌シックハウス症候群の原因ともなるホルムアルデヒドなどを分解する効果もあるそうです。

 

小さいお子様がいるご家庭やアレルギー体質の方にも、ぜひオススメしたいです。

 

壁に掛けるタイプなど小さいサイズのフェイクグリーンでも効果はあります。

リビングルームだけでなく、キッチントイレ洗面所など、家のあちこちに置いて楽しみたいですね。

本当のグリーン好きが選ぶのはフェイクグリーン!その秘密はココにあった!

グリーン愛好家の間でも光触媒のグリーンを選ぶ人がここ数年どんどん増えてきています

それは植物を長年育てて来た人も納得する、本物と見間違うくらい高クオリティのフェイクグリーンがたくさん販売されるようになってきているから。

ナチュラルグリーンをじっくりと手間をかけて育てることにも、もちろん魅力はありますが、初心者には断然フェイクグリーンがおすすめです!

 

やはり最大の理由としては、「面倒なお世話をしなくても大丈夫」なことだと思います!

 

私自身グリーンを見るのは好きですし、雑貨屋さんなどでステキなグリーンを発見すると「お部屋に飾りたいなぁ」と購入してしまいます。

しかし、面倒くさがりな性格なので、なかなかお世話が続けられず、何度か枯らしてしまった経験もあります。

 

「私には植物を育てることは向いていないんだな・・・」と半ば諦めかけていました(笑)。

 

でも、このフェイクグリーンならそんな心配は一切無用!

 

毎日水を欠かさずあげたり、葉っぱや土の状態をこまめにチェックしたり、害虫対策など・・・

植物を枯らさずに育てることは、初心者には特にハードルが高い作業です。

そして予想以上に手間がかかります。

 

そんな難しいお手入れが不要という手軽さが良いですよね。

まとめ

グリーンはおしゃれなインテリアになるのはもちろんのこと、特に光触媒のフェイクグリーンには消臭・抗菌・浄化効果があるということを知ってしまうと置かない手はありません♪

 

お手入れの手間がかからないので、毎日家事や育児で忙しいママさんにもオススメですよ。

 

しかも光触媒の効果は半永久的だからますます嬉しいですね!

(ホコリが付くと効果が薄れるのでそこだけは気をつけてください)

 

壁掛けタイプなどの小さいものは、リーズナブルに手に入れることができますのでぜひ検討されてみてはいかがでしょうか。

この記事があなたの役に立てばうれしいです^^