生活

花粉症は秋にも発症するの!?そのアレルギー症状と原因となる草花は何?

私の友人は、春ばかりでなく秋にも花粉症がひどくて困っています。

花粉用のマスクはもちろん、花粉除けのメガネ、スベスベのパーカーをすっぽりかぶって用心しています。

家でも洗濯物や布団を外に干さないなど、注意を払っているのだそうです。

でも、ときどき仕事に差し支えるほど、鼻水・鼻詰まりがひどいとぼやいています。

花粉症は春だけだと思っていた私はちょっとびっくり!
よく調べてみると、秋に花粉症になる人も案外多いのですね。

花粉症はたくさんの花粉を吸いこめば、誰にでも起こりうるアレルギー症状です。

もしかしたら、私もあなたも去年は大丈夫でも今年は発病するかも?

秋の花粉症の原因となる草花や、花粉症に効く食べ物やお茶についてご紹介しましょう。

花粉症がつらい人に!症状を少しでも軽くする対策としてまずは食べ物改善

花粉症の原因は、スギ花粉だというのは皆さんも知っていますね。
秋にもブタクサ、ヨモギ、カナムグラが原因で花粉症になる人がいるのです。

私の知人はブタクサが犯人だと言っています。
これらの草は8月~10月に花が咲いて花粉が飛ぶので、秋も花粉症に要注意なのですね。

花粉症にはヨーグルトが効果的だと言われますね。
他にも花粉症に効き目のある食べ物はないか探してみました。

ヨーグルト納豆キムチなどの発酵食品がいいようです。

こうした発酵食品には、乳酸菌やビフィズス菌が含まれているのですって。

この中に含まれている善玉菌は腸の中の悪玉菌を減らすのです。

悪玉菌が減ると免疫力がアップし、アレルギー症状が緩和されるのですね。

やっぱりヨーグルトはいいわけです。
朝ご飯に納豆やキムチを食べるのもおススメですね。

ポリフェノールも有効です。
嬉しいことにチョコレートに含まれているポリフェノールにも効果があります。

ポリフェノールが細胞の老化を防いで、免疫力を高め、アレルギー症状を和らげます。

おやつにチョコレートを食べると花粉症が良くなるのなら、ぜひ試したいものですね。

イワシやサバなどの青魚もいいですね。
青魚は健康に良いと言われますが、花粉症にも効果があるみたいですよ。

イワシやサバに含まれている、DHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)は、花粉症の原因になるヒスタミンというアレルギー物質の働きを抑えるのです。

やっぱり夕食に青魚を食べるのはいいのですね。

エゴマ油や亜麻仁油(あまにゆ)も効果的です。
油にもこだわるなら、エゴマ油や亜麻仁油がおススメです。

これらの油にはαリノレン酸が含まれていて、DHAと同じように、アレルギー症状を抑える働きをするのです。

ドレッシング用に混ぜて使うか、ハチミツやヨーグルトに混ぜて生食にするのがコツです。

そして、レモンバームやカモミールティーを飲みましょう。
ハーブティーには抗アレルギー作用が期待できます。

特にレモンバームに含まれているロズマリン酸は、ヒスタミンを抑える効果が高いのです。

ハーブティーはリラックスできるだけでなく、花粉症にも効き目があるわけですね。

花粉症の辛い諸症状に!
対策の一つとしてお茶が効くってホント!?

花粉症にはお茶も効き目があると言われますが、本当でしょうか?

確かにお茶に含まれるカテキン、ポリフェノールなどの成分は、花粉症のアレルギー症状を緩和する作用が期待できると言われています。

特に注目されているのは、甜茶、べにふうき茶、ルイボスティー、シジュウム茶、ハトムギ茶などです。

こうしたお茶にはアレルギー症状を抑え、老化防止、アトピー性皮膚炎を緩和する働きもあるのですって。

何より安心なのは薬ではないので、高齢者や妊婦さん、授乳中の人でも飲めることですね。

でも速効性はないので、花粉のシーズンだけ飲んでもダメなのです。

普段から続けてお茶を飲むことが必要ですね。

美味しいお茶を飲んで、花粉症を緩和させることができるなら嬉しいですよね。

まとめ

花粉症は春だけではありません。
秋にもブタクサやヨモギ、カナムグラは花粉症の原因になります。

花粉症の予防にはヨーグルトや納豆、キムチなどの発酵食品、ポリフェノール豊富なチョコレート、青魚、エゴマ油や亜麻仁油、ハーブティーを飲むことは効果がありそうです。

甜茶などのお茶を長期的に飲むのもいいです。

食事やお茶に気を付けて、花粉症を上手に乗り切りたいものですね。

この記事があなたの役に立てば嬉しいです^^