旅行・海外生活

一度は見たい絶景10選!世界にはこんなにも綺麗な海がある!?

透明度が高く美しい海は、日本にもたくさんありますが、
まずは、日本では見ることのできない壮大な絶景
海外の海を中心にご紹介していきたいと思います。

1. オーストラリア…ホワイトヘブンビーチ(Whitehaven Beach)

ウィットサンデー島のホワイトヘブンビーチ。
透き通るようなグリーンの海ではウミガメが泳いでいたりします。
真っ白なシリカサンドのビーチが約7kmにも渡って広がっています。

2. オーストラリア…シェルビーチ(Shell Beach)

世界遺産シャークベイにあるシェルビーチ。
白く輝く小さな貝殻が一面に敷き詰められた貝殻のビーチです。
四千年前から少しずつ堆積し、深いところでは10m、
長さ110kmにおよぶそうです。

3. フランス…ラヴェッツィ島(Iles Lavezzi)

半透明のターコイズブルーの海の下に、
魔法のような水中世界が広がっています。
リラックスしたい方には、ボートツアー
ディナークルーズがおすすめです。

4.タイ…ピレーラグーン(Phi Leh Lagoon)

タイの秘境と言われるピレーラグーン。
ラグーンとは、沿岸の浅海の一部が海から隔てられて
湖のようになった地形のことで、
波の影響を受けにくく、静かで穏やかです。

5.ニューカレドニア…イル・デ・パン島(Ile de Pan)

南太平洋に浮かぶ「天国にいちばん近い島」と称される島。
純白のビーチに囲まれた美しい島々があります。

6.イタリア…ランペトゥーザ島(Isola di Lampedusa)

地中海のシチリア島南方にあるイタリア最南端の島。
その澄んだ美しい海では、船が空に浮いているように見える
と言われています。
海底に映った船の影が、透けて見えるほど澄んでいます。

7.カリブ諸島…イーグルビーチ(Eagle Beach)

透き通った海で泳ぐ魚を見られるだけでなく、
浜辺ではウミガメの巣も見ることができるそうです。
もちろんカメの巣は柵で保護されていますので、
そっとご覧くださいね^^
美しい景色が広がり、日陰も多く、
風になびいているかのようなジビジビの木も有名です。

8.ハワイ…ラニカイビーチ(Lanikai Beach)

オアフ島で最も美しいと言われているビーチです。
「ラニカイ」とは、ハワイ語で「天国の海」という意味だそう。
その名前のとおり、エメラルドグリーンのグラデーションで
鮮やかな海水と真っ白な砂浜が、天国のように美しいビーチです。

9.ギリシャ…ナバイオビーチ(Navagio Beach)

ギリシャのザキントス島にある、
三方を断崖で囲まれた隠れ家的ビーチ。
ジブリ映画「紅の豚」の舞台ともなりました。
コバルトブルーの美しい海に太陽の光がキラキラと反射していて、
まさに絶景です。

10.バハマ…ピンクサンドビーチ(Pink Sand Beach

イギリスのチャールズ皇太子とダイアナ妃
ハネムーンで訪れたことで有名なビーチです。
砂浜がピンク色に染まっているのは、
砂の中に細かく砕けたピンク色の貝殻
赤サンゴのかけらが混じっているからだそうです。

秋の絶景!関西には日帰りで行ける絶景スポットが…

1. 兵庫県朝来市「竹田城跡」

「竹田城跡」は、標高353.7mの古城山山頂に築かれた山城です。
雲海に浮かぶ姿から「天空の城」「日本のマチュピチュ」
呼ばれていることで有名ですね。
雲海に包まれた竹田城跡の姿を見るには、
展望スポット「立雲峡」がおすすめです。

2. 滋賀県高島市/福井県小浜市「おにゅう峠」

滋賀県と福井県にまたがる「おにゅう峠」も
雲海スポットとして人気があります。
紅葉シーズンの秋には、雲海と赤や黄色に色づいた
山々の美しい景色が見られます。

3. 滋賀県高島市「メタセコイア並木」

こちらは、約500本ものメタセコイアの木が、
2.4kmにわたって続く絶景です!
春~冬にかけて様々な表情が見られると、
人気のスポットになっています。

絶景を見られるキャンプ場が九州に!?

1. 波戸岬キャンプ場

佐賀県唐津市の、波戸岬にあるキャンプ場は、
目の前に佐賀の壱岐水道の海域と岩場の風景があり、
太陽が沈む夕日がとても綺麗です。

強風がすごいとの情報もあるので、
訪れる際はしっかりと準備をされてくださいね。

2. 四季見原すこやかの森キャンプ場

日本神話の地として知られる宮崎県の高千穂町に、
高地に作られた天空のキャンプ場があります。
その標高は、なんと1200m!
阿蘇山や九州山地の山々など、
雄大な風景を見渡しながらキャンプができます。

高千穂町の中心部には、国の天然記念物になっている
断崖絶壁の高千穂峡や、真名井の滝があることで有名です。

私は高千穂峡には何度か訪れたことがあるのですが、
台風や豪雨の後は危険なため立ち入り禁止になっていることが多いです。
ホームページなどで調べてから、行かれることをおすすめします。

3.  指宿エコキャンプ場

キャンプ場の目の前の海には、知林ヶ島が浮かんでいます。
3~10月の干潮時に海の中から砂州が現れ、
道のようになることから「砂の架け橋」と呼ばれています。

縁結びのスポットとして、カップルにも人気の場所となっています。

まとめ

いかかでしたか?
見てみたいと思われた絶景はありましたか?
今回は特に世界の海の絶景を中心にご紹介いたしました。

私は幼少期から現在までに十数か国を訪れたことがありますが、
ビーチで一番記憶に残っているのは、
カナダ・バンクーバーサンセットビーチですね。

自然の象徴でもある美しい浜辺のすぐ横に、
高いビルやマンションが建っており、
夕日が反射してさらにビーチの雰囲気を盛り上げていて、
とても印象出来でした。

地元の方たちも夕焼けの時間になると、
手ぶらでみんな一斉にビーチの方へ散歩にでかけていました。

絶景を見るための旅行は、
いろんなメンバー(家族、夫婦、友人など)の
パターンが考えられますので、
そのメンバーに合った場所を選ばれると良いかと思います。

この記事があなたのお役に立てれば嬉しいです^^