育児

誰でも簡単にキーホルダーが手作りできる!?写真入りキーホルダーの作り方

じいじやばあばにとって、孫は宝物です。
特に離れて住んでいるなら、なおさら可愛くて、想いは募るばかりです。

会えないから、写真だけでも送ろうと考えているあなた。
写真入りキーホルダーにして贈りませんか?

写真なら写真立てに入れて飾っておくだけですが、写真入りキーホルダーなら、いつでも持ち歩けます

孫の自慢ができるので、じいじやばあばは大喜びです。

しかも、簡単に手作りできるキットも各種販売されています。

今回は、写真入りキーホルダーの手作りキットの他、手形を簡単にキーホルダーに作る方法も合わせてご紹介します。

孫からもらうキーホルダーが嬉しい!手作りキットで子供でも簡単に!?

孫の写真で、じいじやばあばはメロメロです。
しかもそれが孫の手作りなら、KO間違いなしです。

簡単に手作りできるキットを選ぶポイントは、入る写真の大きさと形色あせ防止加工がされているかといった点です。

この他、ストラップ部分で選ぶこともできます。
ストラップタイプは携帯電話にもつけることができますし、キーホルダータイプは鍵やカバンなどにもつけられます。

それでは、ご紹介します。

【1.ハメパチ:キーホルダー スクエア型】

アクリルのクリアタイプで写真の色あせ防止加工が施されています。

スクエア部分の外寸は53mmの正方形で、写真の入る部分は45mm四方の正方形です。

ストラップ部分はナスカンタイプですので、チェーン部分は短くなります。

特徴はその名前の通り、パチッとはめ込むだけで完成する手軽さです。

写真をカットしてパチッとするだけですので、子供でも簡単に作ることができます。

【2.セリア:オリジナルフォトインキーホルダー】

100円ショップのセリアの写真入りキーホルダーのキットです。

丸、角、ハートの3種類があります。
そして、ストラップ部分の止める金具が2種類ついています。

お値段も安くて、すぐに購入できるところも魅力です。
もちろん写真をいれてはめ込むだけの手軽さです。

作り方も簡単で、台紙のイラストを切り抜くと型紙として利用できます。

キーホルダーに入る大きさが簡単に確認できるので、出来上がりがイメージしやすくなっています。

大きさは角型の場合、本体サイズが45mmの正方形で、写真は37mmの正方形が入ります。

【3.サンワサプライ:手作りストラップキット(長方形・特大)】

パソコンの周辺機器メーカーのサンワサプライの手作りキットです。

長方形の特大サイズ2個入りで、金具ではなくストラップです。

このセットの最大の特徴は、はがきサイズの専用用紙がセットになっていることです。

あらかじめ4つにミシン目が入っている、インクジェットプリンター対応の印画紙です。

1つのキーホルダーに両面で2枚写真を入れることができるんです。

サイトにはテンプレートも準備されているので、写真を思い通りにプリント可能です。

外寸は43mm×53mm、写真サイズは35mm×50mmです。

子供の成長がわかる手形をキーホルダーに!?簡単に手作りできるのがいい!

子供の写真も可愛いですが、手形は成長が実感できます

この手形が家庭で簡単に手作りできるんです。

100円ショップで販売されているプラ板を使用します。

商品によっては、ストラップがセットになったものもあります。

子供の手のひらにお好みの色のアクリル絵の具を筆で塗って、アクリル板にペタリ!

乾いたら、はさみでカットしてからオーブントースターで焼きます。

焼けたら、穴をあけてからストラップを通して完成です。

ストラップはお好きなタイプを選んでください。

子供の手のひらにつけるアクリル絵の具は、購入前に安全性を確認してから、ご使用ください。

そして、乾く前にぬるま湯と石けんで洗い落とすことも忘れないでください。

アクリル絵の具は心配という方は、水彩絵の具でもできます。

水彩絵の具を使用する時は、アクリル板を紙やすりでこすって傷をつけておくと、色が乗りやすくなります。

アクリル絵の具、水彩絵の具とも、最後にマニュキュアでコーティングするとツヤが出て、ちょっと豪華になります。

手形だけでなく、足型もセットにできますよ。

また、オーブントースターで焼くのでちょっと縮んでしまいますが、そこはご愛敬です。

まとめ

今回は手作りキーホルダーについてお伝えしました。

写真入りや手形のキーホルダーは、遠くに住むじいじやばあばにとっては、最高のプレゼントです。

スマホやパソコンで動画や画像の共有もできますが、孫の手作りのキーホルダーは「プライスレス」です。

おめかしした姿でも、普段の様子でも、いつでも一緒にいられるキーホルダーに加工してプレゼントしましょう。

もちろん、自分用にも作りましょうね。
案外パパが一番欲しいかも?

この記事があなたの役に立てば嬉しいです^^